忍者ブログ
夢を見ていよう。何時か醒める其の時まで。 (TW3「エンドブレイカー!!」で活動しているキャラクターと、その後ろががやがやと活動するところです。 間違えてきてしまった方は、回れ右を推薦します)
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[01/08 エリザベス]
[01/08 ルーシルベルト]
[01/05 エリザベス]
[01/05 ルーシルベルト]
[12/11 スズカ]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(12/26)
(12/26)
(12/26)
(12/27)
(12/27)
アクセス解析
プロフィール
HN:
後ろのほうに居る人
性別:
非公開
職業:
学生やってます。
趣味:
読書とか。PCとか。ゲームとか←
自己紹介:
====================
 このブログのイラストは、株式会社トミーウォーカーのPBW『TW1:無限のファンタジア』『TW3:
エンドブレイカー』用のイラストとして、背後が作成を依頼したものです。
 イラストの使用権は発注した背後に、著作権はイラストマスターに、全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します。
=====================
カウンター
広告
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

背後です。
ぶっちゃけ、世界の動きなんてしらねぇy・・・げふげふ。
何故だがスズの気力がていk(ぇー
嘘です。


さてはて。世界はタロスとか何とか。中身が気になるとこr(ぇぇ
+、色々な亡霊。
どうなるんだ同盟。というか今週は戦争すなよ同盟。
だって私が参加できn


・・・ドラゴン復活なら、どうしても動かしたい子いるしねー

さて、私が何故だがSS書きたい症候群。
なので書いて見た←。
最初に謝っとく。
ごめん





 笑い声と、水の音。
 水が光って、また笑って。
 まだ冷たいね、と言い合った。

「わ、お姉ちゃん洋服だ、珍しいー」
 晴れた空の下で、長い髪を押さえながら、スズカが目を細めた。
「たまにはね。――似合わない?」
 黒髪を靡かせて、姉のワカバが言う。
 いつもの落ち着いた着物とは違い、ロングスカートをはいて、白いブラウスを着ていた。手にはバスケット。
「ううん。似合うよー」
 微笑んで、スズカが言う。
 お姉ちゃんがそういう格好してるの見るの久しぶりー、というと、そうかしら、と返って来る。
「で、今日は何処行くのー?」
「そうねぇ。少し、暑いし。川でも行かない?ね?」
 幼い頃からのくせで、分かった、と反射的に頷く。

 珍しく、二人で遊びに行こう、と姉が言い出した。
 お菓子を持って、お話して。
 いいよー、とその時も頷いた。

(お姉ちゃんには、どうも逆らえないんだよなぁ)
 頷いた後、自分に少し苦笑する。
 何時までも、自立が出来ない。
 しばらく、それを考えたけど、まぁ、いっか。と思う。


 姉についていくと、小川につく。
 この間、散歩していると見つけたらしい。
 足をつけると、まだ冷たい、と少し二人でむくれた。その後、笑った。
 ああ、姉妹だなと。ふと思う。
(血、かぁ)
 思って、ぼんやりと水に足をつける。
「・・・つめたーい」
「あはは」
 笑って、妹の頭をなでる。
 むー、とむくれた後、お菓子は?と首をかしげた。
 姉は、ちゃんとあるわよ、とクッキーを取り出した。
「おいしー」
「ねー」
 何をするでもなく。ぼんやりとしていた。
 たわいもない会話をして、笑って。
 寒いから、帰ろうか?そういわれて、うんと頷く。

 帰り道。
「お姉ちゃんー」
「んー?」
「楽しかったねー」
「そうね」
 お互いを見て、笑いあった。


 笑って、笑って。
 またこようねって言い合った
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする

Copyright 白昼夢。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By Alice Blue / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]