忍者ブログ
夢を見ていよう。何時か醒める其の時まで。 (TW3「エンドブレイカー!!」で活動しているキャラクターと、その後ろががやがやと活動するところです。 間違えてきてしまった方は、回れ右を推薦します)
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[01/08 エリザベス]
[01/08 ルーシルベルト]
[01/05 エリザベス]
[01/05 ルーシルベルト]
[12/11 スズカ]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(12/26)
(12/26)
(12/26)
(12/27)
(12/27)
アクセス解析
プロフィール
HN:
後ろのほうに居る人
性別:
非公開
職業:
学生やってます。
趣味:
読書とか。PCとか。ゲームとか←
自己紹介:
====================
 このブログのイラストは、株式会社トミーウォーカーのPBW『TW1:無限のファンタジア』『TW3:
エンドブレイカー』用のイラストとして、背後が作成を依頼したものです。
 イラストの使用権は発注した背後に、著作権はイラストマスターに、全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します。
=====================
カウンター
広告
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 きら、きら。


 貴女はこの杖と何を見た?
 貴女はどうしてこれを残した?


 夢の夢。
 貴女は


「冒険者になる」
 それは容易ではなかった。
 文化が異なった、ランドアース。
 其処に入りこめるかの不安。
 スズカは、押しつぶれそうだった。
 倉橋鈴花。
 そう書いていた自分の名もスズカ・クラハシと書き始めた。
 全部、全部。この島とは違う。
 敬愛する大嫌いなこの故郷と。

「スズ」
 姉が言った。
「どうしたのー?」
「これ」
 首をかしげると、姉は杖を差し出してきた。
 それ、は
「・・・・・っ」
 瑠璃をあしらえた、夢のような美しさを持つ、杖。
 それは
「これ、貴女が使って。・・・私は、無理だから」
「・・・・・・・・・。決意できたら」

――これはねお母さんの戦友なの。

 無邪気に語っていた。


 うん。知ってるよ
 だけど
 貴女は・・貴方達は。
 全部持っていったじゃない。
 何でこれだけ残すの?
 ねぇ

 夢。
 白昼夢。
 非現実的な、空想。

 「彼ら」は、そうだった気がする。

 あんなにも優しくてあんなにも無邪気で
 

 夢。
 信じれば信じる程壊される気がする。


 杖を、見た。
 残酷な程に美しく。
 少し、わらえた。
「いつか・・・使いましょうか」

 ねぇ
 お母さん


 その杖を取り出したのは、冒険者になってしばらくたった時。
 それは、やっぱり美しかった。
 「白昼夢」
 そう呼ぶことしにた。


 夢の、夢。
 今はきっときっと

 夢じゃないと信じて。





背後:白昼夢ですね、杖の。
    意味わかんなかったらコメントくださいませーv(脱兎
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする

Copyright 白昼夢。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By Alice Blue / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]